top of page
  • JESMA

Exkuma UPDATE「回答数/回答者数の上限設定」等の機能・セミナー定員増のお知らせ

Exkumaの機能アップデートのお知らせです。

クラウドソーシング等でESM調査の回答者を募集する場合などに便利な機能として「回答数/回答者数の上限設定」と「ローミングID表示」がリリースされました。ご活用ください。


① 回答数の上限設定

プロジェクトの基本設定で「回答数の上限」を設定すると,そのプロジェクトで収集する回答数の上限を設定できます。

*回答数カウントは回答開始時に行われますので,回答完了数ではないことにご注意ください。また,複数回調査やESM調査の場合は,毎回の回答のたびに「1」とカウントされます。


② 回答者数の上限設定

プロジェクトの基本設定で「回答者数の上限」を設定すると,そのプロジェクトに参加登録できる回答者数の上限を設定できます。

*回答者数カウントは登録時に行われますので、調査参加を完了した回答者数ではないことにご注意ください。


①②の設定は,いつでも,そして何度でも変更可能です。事前に設定した上限に達しているものの,最後の設問まで完了した回答数・回答者数がまだ足りていない…といった場合には,上限を設定しなおすことで,追加の回答数・回答者数を得ることができます。


③ ローミングID表示

回答者がすべての設問に回答しおわったときに、各回答者のローミングIDを表示できます。この設定を選択すると,調査設問の最終ページにおいて,回答完了時のメッセージとともに「ユーザーID:1234」等と表示されます(下図:数字部分は回答者ごとに異なります)。


*オープンアクセス(登録不要)のプロジェクトの場合は,ローミングIDが付与されないため,この設定を選択してもID番号は表示されません。

ローミングID表示の機能は,アドバンストESMで「メールアドレス不要の登録」を選択したときに便利です

クラウドソーシング等で募集した回答者に「ユーザーIDとして表示された数字を報告してください」と依頼しておくと,メールアドレス等の個人情報を得ずに回答者とデータを紐づけることが可能になります。

なお,ESM調査において,1名の回答者(同じLINEアカウントで登録した人)には常に同じローミングIDとなります。したがって,毎回の回答の最後のページにおいて,同じ数字が表示されます。


上記①②③の設定のしかたなどの詳細はこちらのページの「3.1. 基本設定」をご覧ください。




「回答数/回答者数の上限設定」と「ローミングID表示」の機能は,すべてのプランにおいて使用できます。

  • ベーシック・プロジェクトとアドバンストESMのいずれの種類のプロジェクトにおいても使用可能です。

  • ただし,プランに応じて,ベーシック・プロジェクトとアドバンストESMの使用に一部制約がつくものがあります。各プランの詳細はこちらをご覧ください。


セミナー定員増のお知らせです。

Exkumaセミナー(3月19日14-16時)について,当初「定員80名」としておりましたが,早々に定員が埋まりそうなスピードでお申し込みを頂いております。ご好評に応えまして,「定員90名」まで枠を増やしました。まだご参加の登録をされていない方は,ぜひお早めにお申し込みください。

セミナーの詳細や申込はこちら:https://www.jesma.jp/post/blog20230214




ひきつづき、みなさまのリクエストに応えて、より便利で使いやすいソフトウェアとしてExkumaが成長するよう、鋭意、開発を続けてまいります。

Exkumaに関するご質問やご要望がございましたら、ぜひユーザー・フォーラムにてお知らせください。

閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page