• JESMA

Psychexp UPDATE「時間制御」機能の追加

Psychexp に新しい機能「時間制御」が追加されました。


すべてのタイプの設問において,ミリ秒単位で時間制御された特定のアクションを設定できるようになりました。



時間制御の種類は,以下の中から選択できます。

  • 制限時間まで「次へ」ボタン非表示

  • 制限時間後に自動ページ移動(「次へ」ボタン非表示)

  • 制限時間後に自動ページ移動(「次へ」ボタン表示)

  • 制限時間後の回答変更不可


制限時間までの残り時間を画面表示する場合は,表示スタイルを選択できます。

  • 残り時間表示(バー)

  • 残り時間表示(バーと数字)


こちらのイメージは,残り時間表示(バーと数字)を設定したときのスライダー設問を表しています。赤枠の部分にバーと数字が表示されており,残り22秒であることがわかります。




また,「ページ滞在時間を記録」を設定すると,各ページに滞在した時間の長さが記録されます。記録された滞在時間はデータセットに表示されます。


なお,各タイプの時間制御機能をご覧いただける体験用ページをご用意しました。以下URLリンクをクリックして,もしくはQRコードを読み込んで,ご体験ください。

https://psychexp.com/preview/NTAxLTEyMjcwOQ/

  • この体験用ページで回答した内容がデータとして記録されることはありません。

  • 何度でもお試し回答をすることが可能です。




Psychexpの時間制御機能に関する詳細および設定のしかたは,こちらをご覧ください。



ひきつづき、みなさまのリクエストに応えて、より便利で使いやすいソフトウェアとしてPsychexpが成長するよう、鋭意、開発を続けてまいります。

  • 現在,連続プライミング課題 (sequential priming task) を手軽に作成できるテンプレート開発に取り組んでいます。閾下プライミングも実施可能です。ご期待ください。


Psychexpに関するご質問やご要望がございましたら、ぜひユーザー・フォーラムにてお知らせください。

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示